たるみの改善には「顔の筋トレ」が効果的

顔には大きく分けて「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2つの筋肉があります。

顔のたるみの改善には、この2つの筋肉を鍛えることが有効です。

表情筋とは?

表情筋とは?

表情筋は皮膚のすぐ下にある筋肉です。

字の通り、笑ったり怒ったり、表情を作る筋肉なのですがこの筋肉が衰えてしまうと、筋肉の上にある脂肪が皮膚を支えきれなくなってしまい肌のたるみを生んでしまうのです。

深層筋とは?

深層筋とは?

深層筋は骨についている筋肉のことで、表情筋を土台から支える役割を持っています。

顔には「側頭筋」と「咬(こう)筋」と呼ばれる深層筋があります。

これらは顔全体に血液を送り届ける、ポンプのような役割を担っており深層筋が衰え、はたらきが悪くなると栄養が滞り、表情筋も老廃物を溜め込み衰えていきます。

あなたは大丈夫?深層筋の衰えチェック!

側頭筋が弱ってるかチェック

側頭筋が弱ってるかチェック

側頭筋(耳の上)を人差し指、中指、薬指の3本で押さえてグリグリとマッサージする。

痛い人や固くなっている場合、凝って弱っている事になります。

側頭筋が弱ってすでにたるみが出ている?

側頭筋が弱ってすでにたるみが出ている?

側頭筋に手のひらをあて、押しながら上に引き上げる。

フェイスラインが上がって顔の形が変わった場合は、すでに側頭筋が弱ってたるみ始めている証拠です。

咬筋が弱ってるかチェック

咬筋が弱ってるかチェック

咬筋(奥歯をかみしめたときに盛り上がる部分)に手のひらをあて、グリグリと回してみましょう。痛い方や固くなっている方は、凝って筋肉が弱っています。

意外と凝りを感じたり、たるみの存在に気がつく方もいるのではないでしょうか?

凝りを日ごろからケアする事でたるみを予防してすっきりしたフェイスラインを維持する事ができます。

小顔ケアに有効な筋トレ、マッサージの方法をこちら「美容クリニック監修、自宅でできる小顔ケア」の記事で紹介しています。

-美容コラム
-

© 2020 美顔器の教科書