適した美顔器選びが肝心!ほうれい線ができる原因は「筋力低下」か「肌のハリ不足」



鼻の両サイドから口元に向かって、ハの字のように延びるほうれい線は、30代を過ぎたあたりから気になりはじめ、ケアしないまま放置してしまうと加齢と共にどんどん深くクッキリと目立つ様になってきます。

ほうれい線が生まれてしまう原因は、

  • 筋力の低下によるもの
  • 肌のハリが不足しているもの

の二つが代表的なものです。

ほうれい線のメカニズムとケア方法をこちらの記事では紹介します。

肌のハリ不足



肌のハリが不足してできてしまう、ほうれい線は表皮性のシワに分類されます。肌の表面が乾燥したり、むくんだりすることが原因です。

対策としては表情のクセをなくしていくと同時に肌に潤いをもたらしていくことが大切です。ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分の入った化粧品を使うことで、肌の保湿をアップさせるようにしてみましょう。

筋肉量の低下



ほうれい線が深くクッキリとできている場合は真皮性のシワで加齢と共に目立つようになっていきます。

主な原因としては筋肉量の低下、コラーゲンやエラスチン線維の劣化や減少があげられます。深いほうれい線を改善していくためには、何よりもコラーゲンの生成を促進させて肌のハリを取り戻すことが肝心です。

スキンケアの時に有効な成分

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

スキンケアのときには肌の保湿に有効なビタミンC誘導体やレチノールといった成分が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。自分自身の肌の働きを促していくことで、自然な形でほうれい線を改善していくことが期待できます。

ほうれい線に有効な美顔器

ほうれい線にケアに有効な美顔器は筋力の衰えを鍛えなおす効果が期待できるEMS機能のある美顔器がいいでしょう。

自分で顔の表情を意識的に動かすのは疲れてしまうため、EMSの電流によって筋力を鍛える事はほうれい線を改善させるためには効果的です。

顔とボディ兼用のEMS機器は刺激が強いため、肌質によってはピリピリとした痛みを感じてしまう事があります。力が強過ぎてしまうと、かえって肌にダメージを与えてしまうので使用するときには本体の設定をうまく調整してみてください。

また肌のハリを取り戻してほうれい線を取り除いていくためには、超音波美顔器などで肌の奥深くを刺激して肌のハリを取り戻してくれることが期待できます。

<美顔器の紹介を入れる>

ほうれい線のケアは持続して行う事が必要

ほうれい線をケアする時マッサージなどでむくみを解消する方法などもありますが、力加減ややりすぎが原因で次のトラブルの引き金になる事があります。

自分の年齢や肌の状態に応じて適切なケアの方法を見つける必要があります。

更新日:

Copyright© 美顔器の教科書 , 2017 All Rights Reserved.