美顔器で得られる効果について

イキイキした肌を蘇らせる効果が期待できる美顔器ですが、その効果についてはあまりよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

美顔器といっても実にたくさんのメーカーがあり、多くの種類があり効果が違うため、人それぞれの肌ケアの悩みにあったものを選ぶことが大切で満足度は大きく異なってしまうものです。

こちらのページでは、美顔器に昨日にどのような特徴、役割があるのかを詳しく紹介します。

肌の角質層まで美容成分を浸透させる

美容成分を浸透させるイオン導入美顔器

化粧水や美容液をつけても、すぐ乾いてしまい「充分に肌に美容成分が浸透していないのでは?」という不安を抱える人も多いものです。

美容液などは肌の表面だけではなく、奥深くの層まで浸透させることが大切です。

美顔器は、角質層まで美容液などが浸透するのを助ける効果があります。

美容成分を浸透させる機能

  • イオン導入
  • エレクトロポーション
  • 超音波

美容成分を肌の奥まで届ける為には、肌が美容成分を受け入れやすい状態へアプローチしておく必要があります。

肌をクレンジングできるイオン導出(プラス)や温熱効果で毛穴を開き美容成分を受け入れやすい状況にアプローチできる、超音波と一緒に利用する事で、美容成分を肌の隅々まで効率的に届ける事で高い保湿効果を得られます。

石井美奈
乾燥肌肌ハリの減少にお悩みの方には「イオン導入、イオン導出、超音波」が搭載されている美顔器を選ぶ事で満足いくケアを実現します。

肌に潤いとハリ、弾力を与える

美顔器は潤いとハリ、肌に弾力を与えます

乾燥は、肌のキメなどに影響を与え「美肌」の敵です。

乾燥肌で悩む多くの女性が「特に冬季は加湿器が手放せない」という人も多いのではないでしょうか?

美顔器は、潤いやハリ、弾力を与え乾燥させない肌へと導く、役割を果たします。

コラーゲンの生成を促進できる機能

  • 高周波(ラジオ波)
  • 超音波
  • EMS
  • ローラー

肌にハリとうるおいを取り戻すには、肌のターンオーバーを整え、保湿とコラーゲンの生成を促進させ年齢に負けない肌を土台から見直しが必要です。

EMSは、電流の一種を筋肉に流すことでインナーマッスルに刺激を与え、固まった筋肉がほぐれるので肌が柔らかくなる効果もあり、これにより新陳代謝を活発に導き。
深層筋肉にまで刺激を与えるので繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促進する事が出来ます。

高周波(ラジオ波)は、温熱効果で血流を改善し、肌のターンオーバーが正常化、コラーゲンの生成も活性化に効果が期待される為、肌を整え潤いを保ちやすい肌へ生まれ変わります。

石井美奈
肌への潤いを取り戻したい人には「EMS、高周波、イオン導入」が搭載されている美顔器がおすすめです。

表情筋など顔の筋肉にアプローチし、刺激を与え筋肉を動かす

表情筋など顔の筋肉にアプローチし、刺激を与え筋肉を動かす

美顔器には、顔の筋肉を刺激し、筋肉を動かすことでイキイキした肌を実現する機能があります。

顔の筋肉は、身体の筋肉と比べて大きく動かすことが少ないため、筋肉が固くなりがちです。

表情筋を鍛える運動などもありますが、美顔器があれば簡単に時短で、自宅ケアを実現します。

顔の筋肉を動かすことでリフトアップ効果が期待できるのです。

顔の筋肉をケアする美顔器

  • ローラー
  • EMS
  • 高周波(ラジオ波)
  • 超音波

様々な機能を上げましたが、より効果的な「表情筋ケア」できる機能は下記のようになります。

『高周波(ラジオ波)>EMS>超音波>ローラー』高周波(ラジオ波)が最もリフトアップに効果的です。

ラジオ波(RF派)

ラジオ波とは、真皮の内側からジュール熱を発生させ真皮の70%を構成するコラーゲン組織に収縮や損傷を与え産生をうながす効果があります。

熱によりリンパも刺激して老廃物もしっかり流します。

参考ラジオ波を用いた美顔器による肌質改善の効果

サブマイクロ波

サブマイクロ波とは、電気に近い作用を持つエネルギー。生体内で熱に変化します。

医療分野では電気メスやガン治療、深部体温を高めるなど様々な用途で使われ、美容医療では、熱により線維芽細胞を刺激し、コラーゲンを再生させる作用が注目されている。

参考サブマイクロ波とは?:医療法人「宮脇クリニック」

顔のリンパなどを刺激し、血液の流れをよくする

美顔器には、顔に軽い刺激を与えることで、皮膚にたまった老廃物を流す役割と、リンパの流れや血流を良くし、本来の明るい顔色を取り戻します。

血流をよくするには、ローラータイプの美顔器がおすすめです。

  • ローラー
  • 高周波
  • 超音波

肌の角質層深くまで温めたり冷やしたりする効果で、肌を整える

暖冷効果でケアできる機能

  • スチーマー
  • 高周波
  • 超音波

温めて皮膚をやわらかくしたり、冷やして引き締めたりして肌を整える方法は、昔から行われており、幅広い世代におすすめの美容方法です。

温冷美容は、温めたときと冷やしたときの温度差が要といわれています。
温冷機能のある美顔器を使うと、タオルなどを温めたり冷やしたりという手間がなく手軽に温冷美容が可能です。

複合美顔器としても人気の高い『ボーテ フォトPLUSEX』には冷却モードがあり温冷美容を手軽に取り入れる事を実現します。

おすすめ
ボーテ フォトPLUSEX

ボーテ フォトPLUSEX

おすすめ度

高周波(RF波)マイクロカレントEMSイオン導出入クールモード

プロの技術を自宅で簡単に行うことができると評判の高い複合型美顔器です。

ボーテ フォトPLUSEXには、温める機能だけでなく、冷却機能も搭載されています。

温めてトリートメントした肌を冷却機能でクールダウンすることで、毛穴をキュッと引き締めることができるのです。

詳しく見る

-美顔器に関する特集

© 2020 美顔器の教科書